新着情報

珍!中国少林寺・30代目住職の直筆サイン▲初公開

 

 

少林寺は中国で最も古い禅宗のお寺で、場所は河南省・登封市にある嵩山の麓。

 

2009202_2.jpg

 

 

1代目のだるま大師から~現在30代目の釈永信住職まで、1500年間もの歳月が経ちました。

 

 

心身の滋養と言えば、茶と禅のことを無くしては成り立ちません。

 

禅と言えば、禅宗のゆかりの地は少林寺。

 

茶と言えば、名高い茶産地・プーアル茶のふるさと雲南省。

 

 

 

 


 ♦「少林禅茶」の監修者 ♦

▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂

 

 

少林寺は自ら監修者として、プーアル茶特級原料の調達元を雲南省の名茶山・攸楽山に指定。

 

10000個限定の2005年製の秘蔵版「少林禅茶」が誕生!

 

 

176.gif 包装紙に現30代目住職・釈永信氏の印鑑押印。

 

 

176.gif 雲南省・希少資源の野生古茶樹を原料に丹精込めた貴重品。

 

 

176.gif 初リリースの記念禅茶で、個々にシリアル番号付き。

 

 

 

 

 

♦  9999番 初公開 ♦

▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂▂

 

 

中国で最も人気を受けている数字「9」は、「少林禅茶」からも伺えます。

 

これは、シリアルNO.「9999番」の少林禅茶です。↓

 

 

IMG_7089.JPG

(10年前に撮影された写真)

 

 

 

包装紙に少林寺の現30代目住職・釈永信氏の貴重な直筆サイン。

 

 

IMG_7092.JPG

 

 

 

収蔵証明書にも直筆サイン!

 

 

IMG_7097.JPG

 

 

 

 

文人墨客から寺院道観まで、朝廷から庶民まで、


中国人がお茶を愛でる情熱は今も習慣として受け継がれています。

 

 

IMG_7098.JPG

 

 

 

NO.「9999番」の少林禅茶は、現在弊社が収蔵しております。

 

 

 

 

特集 kinwa 2015年11月04日

Comments

Comment


※ メールは公開されません